[宿命鑑定]知っておくべき相手の性格

算命学,性格,エネルギー

友人、恋人、夫婦となる時など、良好な人間関係を気づく為には相手の性格を知り、お互いに相手を尊重する事は必要な事です。
そこで、今回は知っておくべき相手の性格を3つほどご紹介致します。

1.お相手にとって大事している人や事柄を知る

誰でも自分が大事にしているものを否定されたり馬鹿にされたりするのは嫌なものですよね。人物であれば、自分の父や母、配偶者、あるいは兄弟友人、子供だったりします。事柄であれば、人間関係や食事へのこだわり、家族愛、お金、仕事、プライド、伝統、独自のアイディアであったりします。

2.平和を好む性格か、動乱を好む性格か

平和を好む性格は安定を好む優しい性格でもあります。それは家庭的であり、保守的であり、大きな変化は苦痛となりやすいことを表します。
動乱を好む性格は、新しい事への挑戦や改革を好む激しい性格となり、マンネリを嫌う性格となります。

3.体力派か知能派か

体力派とは、考えるより体を使って解決行動することを得意としています。沢山エネルギーがあるので、汗水垂らして動き回る事で気力も充実します。


知能派とは、体を使うより頭を使って知恵で解決したり、要領良く立ち回るのを得意としています。体力はあまりないので、肉体を使う分野では疲れやすい特徴があります。

1~3までご紹介してきましたが、それぞれお相手との性格的特徴や価値観が一致すればするほど相性が良いといえます。反対に一致しないこと多ければ、性格的な相性が悪いと言えますので、相手を理解し気遣う努力が必要です。

いずれにしましても、相手の性格が分かれば、上手に付き合っていくことも不可能ではありません。

お相手を怒らせることが多い方は、自分の価値観を押し付けていないかどうか振り返ってみると良いかもしれません。ご自分とお相手と一致しない事があってもそれは自然な事です。性格の違いを知る事で上手にお付き合いできるかもしれません。

結婚となれば、相性で結婚するものではありませんが、結婚後にどういった面での苦労があるかわかります。予め理解し努力することで危機を回避しやすい事は言うまでもありません。