おすすめできない占いの利用方法

占い,利用方法

本日はおすすめできない占いの利用方法3選についてご説明しながらご案内致します。

1.変更が難しい事柄について占う

例えば、結婚や就職、転職や家、車の購入など人生で何度も行わない積極的な行動について占いをご利用頂く機会が多いです。

実は、占いを利用する際に決定事項を占うのはあまり得策ではありません。

運勢には天中殺に限らず運勢の低迷期があって、先に記述したような積極的な行動をおすすめできない場合があります。

例えば土地を購入済で、これから家を建てますという場合に、そもそも土地を買ってはいけない時期、または家を建てるのにおすすめできる時期がずいぶん後という場合があるからです。

2.恋愛や結婚の相性を占うのにカップルで利用する

ご来店されるお二人の相性が良いのであれば問題はないのでしょうが、当然結婚をおすすめできないという相性も中にはございます。

それならなぜ、私たちは仲良くできているのかというご質問もあると思いますが、相性にあったお付き合いの仕方ができているからかも知れません。

良ければ良いなりに、悪ければ悪いなりの付き合い方がありますが、自分と合わない人を選ぶ時期もございます。

相性で結婚に左右されるのはどうかとお考えの方もおられると思いますが、努力だけでは難しいという縁もございます。

3.大事な相談を短時間で済ませようとする

結果だけわかれば良いという大変せっかちなお客様もいらっしゃるのは事実です。

しかし、結果の良し悪しだけでご相談にお応えするのはおすすめできません。

例えば、結婚をしてもよいかというご相談に対して「良いです」という答えだとします。

ところが、相性占いの判断にはご本人様やお相手の方がどのように生きてこられているかも考慮して判断しなくてはならないのです。

その為、過去や現在の暮らしもお伺いしてその上で判断致します。

おふたりがご自身の宿命にあった生き方をしていて初めて価値ある相性占いができます。

片方が宿命通り、片方が宿命から外れているなら、相性占いの結果を額面通りに受け取る事はできません。

その場合は、その方には努力の仕方をご提案させて頂きます。

いかがでしたでしょうか。

大事な人生ですから、計画の段階でお越し頂くのがおすすめです。

仕事や恋愛もご自身にあったものを知っている方が、トラブルも少なく生きられるでしょう。

カップルで相性を占いたい時は、事前に一人でご利用頂き、納得した上でお二人で来店すると安心ですね。

そして、ご自身が疑問に思う事が解決されたかどうかを確認しながらご利用頂くと良いでしょう。

今後もより皆さんのお役に立てるよう記事が投稿できるように、ご覧頂いている方のご意見ご感想を頂ければ嬉しく思います。