[宿命鑑定]宿命を知っておくべき3つの理由

病気,ケガ,算命学,宿命

宿命を知っておくべき3つの理由

まず宿命とは簡単にお話ししますと変えられないもの、定まっているものです。生まれた時に定まっていて、変える事の出来ないものは宿命です。

具体的には生年月日が最初に挙げられます。この生年月日から宿命を紐解いていくのですが、同じ生年月日でも両親や兄弟が同じという人は双子以外にあり得ません。また性別や生まれた国や時代、それら環境を含めて宿命を占います。

生年月日が同じでも、決して同じ運勢にはならないということです。

1.役目を知るため

あなたは何のためにこの世に生まれてきたのか答えられるでしょうか? 宿命を知る事は、自然から生み出された理由、与えられた役目(使命)を知る事です。

東洋の占いは、自然が必要としたから人間が生み出されたと考えています。この世に生み出されたものは全て自然が必要としたから生み出され、必要でないものは生まれてこないと考えています。

では、あなたの役目とは何でしょうか。

役目には様々あります。上げればキリがないですが、特に重要な事柄にはこのようなものがあります。親の生き方に習う人、親と全く違う生き方をする人、家を継ぐ人、家を出て新しい家系を興す人、家系を変える人、嫁(婿)に行く人、嫁(婿)をもらう役目の人など様々あります。

例えば、結婚できず悩んでいる方がご相談にこられた時のことです。

その方は親元を離れ自立する役目があるのに、親の犠牲となっているから結婚できないことを伝えたところ、意を決して親元を離れ無事結婚することができましたという事もあります。子の親離れ、親の子離れも必要です。

2.役目を果たすべき理由

理由をお話しする前に、運命についてお話し致します。

運命とは、簡単に言うと定まっていないもので、自由に変えられるものです。

誰といつ友人となり、恋人となり、結婚し、さらに子供を作り、離婚する。引越しする、家を建てる、改築する。どこに進学し、就職し、転職し、起業する。それら定まっていないものは運命と呼びます。これらをする、しないも運命はあなたが自由に変える事ができます。

ところが、宿命は定まっています。

宿命通り生きるも生きないのもその人の自由ですが、ただ宿命通りに生きれば運勢が上昇し、宿命から外れた生き方をすれば自然から淘汰されます。

果たすべき役目は様々あり、役目が1つという事はありえません。

例えば10個のうち7つ宿命通り3つが宿命から外れているという場合もあります。7つの宿命通りに生きたことで財や名誉を得られ、宿命通り生きなかったことでトラブルや事故、ケガや病気に見舞われるという事があります。

つまり、運勢は役目通りに生きて上昇し、役目を果たさなければ下降し、それらは上昇と下降はそれぞれ減少を起こしお互いに相殺しない事を表わしています。良いことをすれば悪い事を見逃してくれますかといえば、良いことをしても悪い事をすれば罰を受けるのと同じです。

3.なぜトラブルが起きたり、ケガや病気をするのか

宿命から外れていること、運勢が下がっていることを教えるためです。

自然はあなたを必要としたからこの世に生み出しました。ということは、あなたには宿命通り生きて頂かなければ困るとも言えます。宿命通り生きている人は物事に障害があっても乗り越えて、順調に運勢を伸ばしていくことができるでしょう。

ところが、宿命から外れている人には外れていることを教える手段としてトラブルや事故やケガ、病気などで生き方が間違っていることを教えてくれるのです。

いかがでしたでしょうか。

うまくいかない事があれば、それには必ず原因があります。そして、その原因がわからなければ、いたずらに時間が経過してしまいます。その事はとてももったいないことですし、手遅れとなることもあります。

お客様の多くは「知ってすっきりした! もっと早く知りたかった」とのお声を頂いております。

宿命について知るには、占い鑑定を受けて適時ご相談するのをおすすめ致します。

しかし、もっと自身の宿命について理解して、充実した人生を送りたいのであればこの学問を学ぶ事をおすすめ致します。理解すれば、人生は生きやすいですし宿命を知らない事の方が怖いこともわかります。

算命学

Posted by u.station