[宿命鑑定]天中殺に避けたい3つの行動

天中殺,避けたい行動,算命学

天中殺に避けたい3つの行動
どんな人にも天中殺と呼ばれる時期がやってきます。ここではその天中殺の時期におすすめできない行動と、行動したために予想される現象の一例をご紹介致します。

1.家を建てること

・身内に不幸が起こる心配があります
家を建てた後両親、あるいは配偶者、または子供のいずれかが亡くなったという話の多くは天中殺が絡んでいるため注意が必要です。

・建てた家に住むことが難しくなる
①家を建てた後に会社から辞令が出て、新居から離れた部署に異動になる。
②欠陥住宅。業者が夜逃げしたり、最後まで建築されない事もある。
③給料が激減して、支払いが困難になる。
④向かいに大きな建物が経ち、一日の大半が日陰になる。
⑤騒音を起こす人たちが近所に引っ越してくる
⑥理想と違っていたので、不満が出る

などキリがありませんが、
どんな現象が起こりやすいかは詳しい鑑定が必要です。

2.期待して、結婚すること

・期待すればするほど、その通りにならない
離婚する時、価値観が違う、想像と違っていたなど語る方が非常に多いです。

・配偶者に幻滅する
天中殺の時期の人の方が夢中になっている場合、天中殺が過ぎた後に理想とは異なる相手に幻滅することがあります。お相手の人からすれば、人が変わったように見え争いに発展する場合があります。

・配偶者が家に帰ってこない
束縛が強い、期待値が高い、要求が多いなどでお相手が疲弊してしまい帰りづらくなる事があります。または、お相手が病弱になる、辞令が出て異動となり単身赴任となる事もあります。一緒に行くのが良いかどうかは詳しい鑑定が必要です。

3.期待して転職すること

・前職よりも待遇が悪くなる
前より良くなるのを期待していたはずなのに、その通りにならない事が起こりやすいです。
事前に説明されていた給与が当初の提示と違う、部署が違うなど。

運勢には法則というのがあり、天中殺も運勢法則の一つです。
天中殺の時期だけを気を付ければ良いほど、運勢の仕組みは簡単ではありません。それでも天中殺について知識を持つ事でご自身やご家族など大事な方たちを守る事になると思います。

ご自身やご家族の天中殺の時期をお知りになりたい方は宿命鑑定をご利用下さい。