[宿命鑑定]避けるべき子供の結婚運を下げる行動

家庭,子育て,算命学,夫婦,子供の結婚

結婚率が下がってきている昨今
適齢期の子供さんが結婚をしないので心配、というご相談を受ける事が増えて参りました。
今子育て中の方も他人ごとではありません。

子供の結婚運を下げてしまう親がやってしまいがちな3つの行動をご紹介致します。

1.子供の前で喧嘩する夫婦

夫婦でもけんかをするのは仕方ない事ですが、お子さんの前で喧嘩する事は我慢しましょう。

夫婦喧嘩が過激になればなるほど、子供に浮かんでくる疑問はなぜお父さんとお母さんは結婚したんだろうという事です。人生の先輩となる両親が、結婚の悪い見本を見せていたら、結婚に希望を抱くのはとても難しくなります。

2.夫(妻)の悪口を子供に聞かせる親

特に夫の悪口を子供言い聞かせる事で、子供と夫の関係を悪化させてしまう事があります。

誰にも言えないことを子供に言う事で、自分自身はスッキリできたとしても、子供の将来を狂わせてしまう原因となります。

3.過保護な親

親は子供に自立させる事を教えなくてはなりません。ところが、子供が結婚するまで実家で一緒に暮らすことを良しとしているケースが増えています。

一緒に暮らしていれば、家賃や食費が浮いて貯蓄に回すことができるからとメリットを重視されているのかも知れませんが、自立できずにパラサイトになってしまう危険性を多分に含んでいます。20代の内に家から出て独り立ちするよう教育することが大事です。

いかがでしたでしょうか。
「子は親の背中を見て育つ」という言葉があるように、親がお手本とならなくてはなりません。お子さんの心配をされるのであれば、まずご自身の行動を見直すことから始めてみませんか。

お子さんの宿命によって、どのような結婚を目指すと良いのかご提案することもできますので、気になる方は宿命鑑定をご利用下さい。